リアル『ニート』脱出ゲーム

遊民学園高等部へようこそ!当学園は 『会社勤めをせずにインターネットを駆使して生活費を捻出できる人材の育成』 を掲げる、夢と冒険に満ち溢れた教育機関風の何かです。「よく学び よく遊び よく生きる」!

ニート&ひきこもりにとってブログは最も取っ付きやすいセーフティーネットだ

はてなブログを始めて早1年と2カ月…。

「コミュ障」で「飽き性」で「ぼっち」で「根性無し」で「努力嫌い」で「仕事嫌い」で「めんどくさがり」の私でも、ブログだけはなんとか継続できています。

正直に言うと、何度か辞めようかな…って思ったこともあったんですが、読者のみなさんや、ツイッターのフォロワーさんや、仲間のはてなブロガーのみなさんに、励まされたり、勇気づけられたりして、なんとかここまで続けることができました。

ありがたいことです。

ブログの非常に良い点は、アカウントさえ削除しなければ、何度も戻ってくる事ができることです。

例え、体調が悪くて1週間寝込んだとしても、メンタルが不安定で1ヵ月間記事が書くなくなったとしても、自分の調子が復活した時に、また続けることができるんです。

たとえブランクが何週間でも何か月でも。

これが普通の仕事とは圧倒的に違う点です。

自分のペースで、自分の歩幅で、取り組むことができるのです。これ、超デカい。

 

メンタルがヤバくなって「もうダメだ~!」ってなった時でも、絶対にアカウントは削除しないこと。帰ってくる場所は確保しておくこと。

「全てをぶっ壊して、もう一度新しくやり直したい!」そう思うこと、誰にでもあると思います。

私も、めちゃめちゃあります。

人間関係でも、仕事でも、とにかく何でも、行き詰ったら、全部「ド――ン!」って破壊したくなります。

なります、っていうか、実際にそういうことを散々繰り返してきました。

 

でも、それやっちゃうと、結局は自分の首を締めるケースも多いんですよね。

癖になりますし。

一種の自傷行為なのかも知れません。

 

どうしようもなく追い詰められた時には、すみやかに「逃げる(環境を変える)」ことをオススメしますが、ブログに関しては、絶対に消さない方がいいと思います。

いつかまた、帰ってくるかも知れない。

(ですから基本的には、ブログに個人が特定されるようなことを書かない方がいいですね)

もしも帰ってこなかったとしても、無料ブログなら、維持費もかかりませんから、特に不都合もありません。

 

どれだけ社会不適合者でも、ブログならなんとかなる。ブログで稼げば生きていける。

人付き合いが苦手で、いつも精神的なストレスで病んでしまう人でも、ブログなら続けられます。

誰とも関わらずに続けていくことができますから、少しずつでも、前に進み続けることができます。

書きためた記事が100、300、500、1000、2000…と増えていけば、グーグル検索からの流入も増えて、アクセス数も安定してきます。

記事を書かなかった日でも、アクセス数がガクッと落ちることは無くなります。

 

焦らず、地道に続けることです。

もしも心身ともに調子が良ければ、毎日でも、コツコツとブログを更新すること。

小さな石をひとつひとつ積み上げていくように、自分が過去に書いた記事が、積み重なり、大きな山のように揺らがないものになっていきます。

 

周りのブロガーのPV数や収益や成長度合いなんて気にせず、自分と向き合って、ひたむきに今の自分に出来ることを続けましょう。

続けていれば、必ず結果が付いてきます。

おそらく、よほどの才能でもない限り、たった3ヵ月や半年で、目に見えるような結果は出ないでしょう。

でも、簡単に諦めないでください。

普通に満員電車に揺られて会社勤めをする事を考えたら、ブログを更新する苦労の方が、よほど楽だと思います。とくにニートやひきこもりにとっては。

ブログを書き続けていれば、億万長者には成れなくても、質素な生活ができる程度には稼げるようになるはずです。

っていうか、なります!なる!

そう信じましょう。

 

 

オススメのブログ運営法は、複数ブログの掛け持ち。収益を意識したブログと、自由に何でも書くブログ。

ブログで収入を得ようとした場合、どうしても商品の紹介のような記事が多くなります。

読者や、検索で訪れた人たちに、自分のブログを経由して商品を買ってもらうことで、自身も数パーセントの報酬をもらう仕組みなので、どうしてもモノを売らなければなりません。

八百屋が野菜を売るように、魚屋が魚を売るように、ブログでも、自分が売りたい商品は同じジャンルに特化した方がいいと思います。

格安SIMスマホを売りたいのか。

音楽に関係したグッズを売りたいのか。

洋服なのか、アクセサリーなのか。

ジャンルを絞るほど、ターゲットが明確になりますし、必然的に同じワードが何度も出てくる事になるので、そこに関してはグーグルからの評価も高くなるはずです。

 

ただ、ブログを書いていると、どうしても、なんというか、商品の宣伝ばかりではなくて、自分の気持ち、あるいは弱音や愚痴や泣き言を含めた本音を吐き出したいという衝動に駆られることがあると思います。

 

お金を稼ぐことを目的としたブログでは、どうしても、書きたい放題、好きな事を書くことは出来ません。

そこは仕事と割り切って、いろいろな制約の中で書き続けなければなりません。

 

ごく稀にですが、自分の書きたいように書いていながらも、ガッポリ収益を上げているブロガーもいます。しかし、そんなのは参考にしてはいけません。

彼らは選ばれし者たちです。

ブログ界の頂点に君臨している、いわば王様です。

 

まず確実にカリスマ性があり、頭脳明晰で、性格もよく、なおかつ行動力もあり、メンタルも強く、そして決め手は文章が上手です。

そんな人間は、ブロガーの中でも0.1パーセントも存在していません。

ブログではなく、他の分野でも輝きを放つだけのポテンシャルを持っている、いわばチートです。

 

我々ニートニートらしく戦うしかないんです。

チートの真似してもダメ。

 

収益を上げるためには、それなりのブログを構築しなくてはなりません。

そして、メンタルの不安定な我々は、どうしても「魂の叫び用」のブログも用意しておかないと、必ずどこかで苦しくなってきます。

 

「ビジネス用」と「プライベート用」。

二つの場を設けておいた方が、精神的にも楽になりますし、「気持ちを吐き出す場」を持たないまま、ひたすら「ビジネス・ブログ」を書き続けていれば、おのずとモチベーションも下がってくるでしょう。

 

それが、私が1年のあいだブログを続けてきて気づいた事ですね。

ひとつのブログだけで、検索からの流入をたくさん呼び込み、読者も獲得し、収益も生み、それでいて、思ったことを好きなように書く…というのは、ちょっと欲張り過ぎでした。

 

検索からの流入を意識して書くのと、検索をまったく無視して書くのでは、書きやすさが全然違います。

はたで見ていると、同じように書いていると思うかもしれませんが、まったく違います。

たくさんの人に読まれるように書くのは、神経を使うし、疲れるんです。

思ったことを好きなだけ好きなように書く場合の何倍も大変です。

ということで、

ニートやひきこもりが、貧困から脱出するためにブログを書くには、どのように段階を踏んでいけばよいか、私なりに提案してみたいと思います。

※ブログ道に正解はありません。あくまでも参考程度に。

 

まずは、ブログを書く練習。書くことに慣れること。「ブログ」を日常に取り込む。習慣化する。

簡単に一獲千金を目指しちゃう人がいますが、そんなに甘いもんじゃありません。

しかし逆に言うと、同じようにブログで飯を食おうとしているライバルたちは、ブログ開始早々にかってにどんどんリタイヤしていってくれるので、ありがたいっちゃありがたい話なんですよね。

みんなが簡単に諦めてくれるので、必然的に、ごく少数の、最後まで諦めなかった者が勝者になれるわけです。

 

「1ヵ月ブログ書いたけど、カネ稼げなかったからもう辞~~めた~~」

という人ばかりだと、ホント、しめしめって感じです。

ライバルは少ないに越したことはありません。

 

めちゃめちゃ稼いでる方のツイート。

ようするにこういうことなんですね。

「楽して稼ぎたい」と考えている人なら、まず続けられません。

 

そもそも、最初の半年や1年くらいは、下積み時代だと考えてもいいくらいです。

そのあいだに自然淘汰されていきます。

向いていない人はどんどん辞めていってくれます。

ありがたいです。

 

「ブログ以外に生きていく道が無い!」

「オレには実社会でうまくやっていく能力が無い!」

「自分の居場所はここしかないんだ!」

…と、覚悟を決めた社会不適合者が、生き残ります。

 

もしもあなたが、どうしようもなく情けない人間で、学生時代に友達がいなくて、会社でもコケにされて、異性にさっぱりモテなかったのだとすれば、それはもう、ブロガーとしての才能がゴリゴリにあると言っても良いでしょう。

ブロガーとしては輝ける可能性を秘めています。

あなたの黒歴史が、あなたの武器になるのです。

あなた自身を内側から支える強さになるのです。

gattolibero.hatenablog.com

 

まずはクオリティなんて気にせず、とにかく書きましょう。

書き倒してください。

ブロガーなんて書いてナンボです。

特に、何の才能もなく、利口でもなく、要領良く生きられなかった不器用な人間なら、能書きタレずに、まず書けよ、って話です。

いっちょまえに「僕はクオリティを優先させたいんですよね」とか言ってる奴は自分の愚かさに気づくべきです。

そういう言い訳がましい屁理屈を抜かしてたから、ここまで人生を転落してきたんだろ?って話です。

 

ゴミみたいな記事だなと言われようが何だろうが、とにかく書けよ、って話です。

書きましょう。

堂々と胸を張ってゴミ記事を書きまくりましょう。

その積み重ねがあなたをとりまく世界を変えていきます。

borasen.hatenablog.com

 

 

そういえば私も、ブログ開始当初はバカみたいに更新していました。

こんな感じ。

2016 / 4 (76)
2016 / 3 (60)
2016 / 2 (30)

 

2月11日くらいから書き始めて、3月には60記事、4月には76記事書いていますね。

一日に2回以上の更新をしています。

ただ私は本当は、一日に3記事更新を目指していました。

ようするに、まったく目標は達成できていません。

それでも、睡眠時間を削って、家の掃除もお皿洗いも何もかも投げ出して、バカになってブログを書いていた3ヵ月間は、スタートダッシュ的に何らかの効果があったと思っています。

徐々に自分のスタイルが確立されていきましたし、ブログを書くことが、生活の一部になりました。

大事なのはこれ。「習慣化」ですね。

筋トレなんかでも同じです。

習慣化してしまえば今度は、筋トレをやるのが面倒でストレスが溜まるというよりも、筋トレをサボった時の方がストレスが溜まる、という感じになります。

 

ブログも同じで「書かなきゃなんか気持ち悪い」というところまで、自分の人生の一部にしちゃえば、いいんです。

ブログはほとんどお金もかからないですし、いいですよ~。

 

ということで、今回は非常になんというか、結局何が言いたいのか、よく分からない感じになってしまいましたが、まぁこれがある意味、私のスタイルなので。 (毎回、ワケが分からなくなる)

 

とにかく、ニート&ひきこもりのみなさんは、書きましょう。ブログを。

はてなブログなら、無料版でも、IDひとつで3つのブログを持つことができます。(ただし、IDが同じなので3つのブログがひも付き)

とりあえず、はてなブログFC2ブログでブログを書いてみましょう。

最初は何でもいいんです。

大事なのは動き出すこと。

 

neet-hikikomori.hatenablog.com

 

 

neet-hikikomori.hatenablog.com